今日も皆さんと一緒に発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。

今日のトピックは「発達障害絵が下手なこと」の因果関係についてです。

子供がお絵かきをはじめたとき、点と丸だけの絵でも感動しませんでしたか?

どんな絵でも可愛いと思ってしまう年代ってありますよね。

でも、子供が小学校で絵を書く授業があったとき、うまく絵が書けなかったら、あなたはどう思いますか?

「少しずつうまくなるでしょう」と楽観的に思っていても、子供は心の中で「なんで上手く書けないんだ」と葛藤していることもあるのかもしれません。

そこで、今回は発達障害の子供と絵が下手なことの関係性と対策についてお伝えしますね。

発達障害者に絵が下手な子供が多い理由

発達障害者に絵が下手な子供が多いと言われているのは事実です。

しかし、発達障害だからといって、必ずしも絵が下手というわけではありません。

また、絵が下手だからと言って、発達障害があるとも言い切れません。

それでは、詳しい理由を探っていきましょう!

POINT

発達障害でも絵が上手い子供がいれば、絵が下手でも発達障害ではない子供もいます。

頭の中でイメージできない

発達障害の場合、空間認知が苦手なことがあります。

頭の中で対象のものをイメージすることが難しく、丸を書こうと思っても、まんまるにならなかったり、線同士がつながらないことも。

目の前にある風景を記憶し、目を閉じると何となく景色が思い浮かぶという感覚も、発達障害の特性があると難しいことがあるようです。

特に、学習障害(LD)やADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供に視空間認知能力が弱い傾向があるらしい。

POINT

視空間認知能力とは、空間認知能力の中でも発達障害と関係性が深い場合を表します。

発達障害と空間認知能力についての詳しい記事はこちらです↓

色彩の曖昧さがわからない

水彩画は淡い色味が特徴的ですよね。

繊細な色使いの素敵な絵画が多いです。

実際に、小学校の授業でも水彩画を描くことはありますが、発達障害の子供にとって曖昧な色味を表現することが難しい場合もあります

どの色を使ったら良いのかわからず、手が止まってしまうことも。

発達障害の子供の心の葛藤

色使いがわからない、丸が上手く描けない・・・。

ずっと手が止まってしまったままだと、周りの友達は手を貸してあげたくなりますよね。

でも、発達障害の子供だって、自分で絵を描きたいんです。

手伝う側からすれば、困っている友達を助けてあげている。

ただ、手伝われている側からすると、お節介だと思ってしまうこともあります

要するに、自分で最後までやり遂げたかったんですよね↓

発達性協調運動障害

発達障害者に絵が下手な子供が多い理由として、発達性協調運動障害が影響している場合もあります。

協調運動とは、両手、両足、手足などそれぞれ別の動作を同時に行う運動のことを示します。

たとえば、ボールを投げるときに、足を一歩踏み出し、手に持ったボールを勢よく飛ばしますよね。

縄跳びをするときも、動く縄をしっかり目で確認しながら、飛び跳ねます。
絵を描くときは、目で対象物を見て、手を使って描きます。

このように、無意識にもできることが協調運動。

発達性協調運動障害は、身体のパーツを上手く連動させて動かすことができません。

手先が不器用で、絵がうまく描けないのも、発達性協調運動障害があったからという場合もあります

発達性協調運動障害は、注意欠陥・多動性障害(ADHD)や学習障害(LD)との合併が認められることもあるそうです。

絵が下手な子供を伸ばす方法

絵が下手だと落ち込みやすくもなりますよね。

周りの子供と比べてしまうと余計に辛くなってしまいます。

絵が下手だと悩む前に、いくつか方法をお伝えしますので、試してみるのも良いかもしれませんよ。

描けた絵を褒めてあげる

発達障害の特性を持ちながら、絵を仕上げることは難しいこともあります。

一生懸命書いた絵は、子供にとっても宝物のような存在。

だからこそ、子供が頑張って描き上げたことをたくさん褒めてあげましょう

途中で手が止まってしまっても、焦らず見守る姿勢が大切です。

もし、書き上げることができなかったとしても、子供を褒めてあげることで、次につなげることもできるかもしれません。

番号と色を連動させる

色鉛筆に番号を振って、絵に色を塗るときにそっとアドバイスしてあげるのもひとつの方法です。

たとえば、肌の色は○番。

髪の毛の色は△番というように、番号と色をセットにしてあげると、発達障害の子供にとっても絵が描きやすくなります。

曖昧な色が苦手な子供にとっては、とても効果的ですよ。

ただし、色使いはあくまで、子供主体にしてあげて、迷っているところや困っている場面が見えたら手伝うというスタンスでいることが大切です。

声かけをしてから、お手伝いしてあげると子供の気持ちに寄り添いつつ、前進することができますよ。

本を活用する

絵がうまく描けるようになりたい!という気持ちを尊重して、本を活用してみるのも効果的です。

描きたい気持ちをぐんぐん伸ばす!えがうまくなるほん

描きたい気持ちをぐんぐん伸ばす!えがうまくなるほん(3・4さい対象)posted with ヨメレバ木曽健司/常永美弥 ひかりのくに 2011年02月 楽天ブックスで探すAmazonで探す

1週間でお絵かきのコツを完全マスターできる!

真似していくうちに、絵が書けるようになる仕組みの本です。

総合評価 3.67/3件  価格 792円(税込)

【良い口コミ】
・図工や美術の成績は芳しくなかったので、指導なんてできませんという人には参考になると思います。
・希望を込めて購入しました。楽しんでやっているのでOKかな。

【悪い口コミ】
・そんなに興味ないみたいです。

参考元:楽天ブックス

本を活用することはおすすめではあるものの、子供の「描きたい」という気持ちを一番に考えてあげることが優先です。

決して押し付けることのないよう、子供の興味に合わせて上手に活用してみてくださいね。

絵が下手でも悲観しないこと

対策を講じても上手くいかないこともあるかもしれません。

でも、絵が下手だからといって、決して悲観しないでもらいたい・・・。

発達障害があって、うまく絵が書けないこともあるけど、誰しも苦手なことはあると思います。

たとえば、方向音痴で地図が読めなかったり、計算のケアレスミスをしてしまったり、あなたにも思い当たることはありませんか?

アインシュタインだって、坂本龍馬だって、発達障害があったのかもしれないと言われています。

でも、後世まで名を残すほどの偉業を遂げていますよね。

発達障害だからと言って、色眼鏡で見ることはやめて、個性を伸ばすお手伝いができたら、素敵な人生を歩めそうな気がしませんか?

施設紹介

発達障害の子供を育てる中で、モヤモヤしてしまうことはありませんか?

一人で抱え込んでいるのも辛いですよね。

不安に思ったり心配ごとが出てきたら、放課後等デイサービス・アレッタがあなたのお役に立てるかもしれません。

放課後等デイサービス・アレッタでは、心身に障害のある小学校1年生〜高校3年生までの児童を対象にサービスを行っています。

デイサービスと言っても高齢者の介護とは異なります。障害を抱えた児童や親御さんの休息の場にもなるでしょう。

気になることがありましたら、一度相談してみるのも良いかもしれませんね。

神奈川県横浜市の放課後等デイサービスアレッタWEBサイトへ

お役立ち情報

お役立ちトピックス

発達障害お役立ちトピックスでは、様々なお悩みや症状についての記事を掲載しています。

参考になる情報が沢山あるので、良かったらのぞいてみてくださいね。

まとめ

今回は、 発達障害の子供と絵が下手なことの関係性と対策について解説しました。

発達障害だから、絵が下手と決めつけず、今より絵が描けるようになる方法を試してみませんか?

感覚過敏だからこそ、物事を繊細に捉えることができるのかもしれません。

自閉症スペクトラム障害で過集中になってしまうことも、裏を返せば絵に没頭できるということです。

子供の特性を伸ばしつつ、どんな絵でも褒めてあげる!本を活用したり色を塗るための道筋を作ってあげるなどの対策を取りつつ、子供と一緒に大切な絵を作り上げてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。